Skip to main content
NEWSTOPICS

PIAフェスタ2021

By 2021年12月19日No Comments

11⽉5⽇(⾦)、PIAフェスタが横浜市⾦沢産業振興センターで開催されました。

⼀昨年の台風15号、昨年の新型コロナの影響でイベントが中⽌となり、開催されたのは実に3年ぶり。ただ緊急事態宣⾔が解除されてから間もなかったため、例年のようなお祭りではなく、ソーシャルディスタンシングなどに配慮された新しい形での開催となりました。今年企画されたイベントのひとつが、地元企業が⾃慢の商品を出店する「⾦沢プチマルシェ」。横浜市⾦沢産業振興センター内のコンパクトなスペースの中で⾏われた催しでしたが、以前、このコーナーで紹介した武居商店の調味料や横浜名産のスイーツ、レトルト⾷品、調理器具などバリエーション豊かな商品が出店され、近隣企業に勤めるサラリーマンや地元に暮らす⼈たちで⼤変賑わっていました。

もうひとつの⽬⽟イベントが、今年初開催となる「PIAビジネスグランプリ」です。これは地元企業が新たに始めた取り組みを募り、各社15分でプレゼン、5⼈の審査員と会場の投票で審査、優秀な取り組みを表彰するもの。優勝者には30万円、準優勝にも10万円もの賞⾦が出る、ということもあり、会場は緊張感に包まれています。⾦沢区の永井京⼦区⻑も来場されました。

優勝したのは、「アスリート応援採⽤で人材不足を解消!」でエントリーした㈱⼤松運輸。働き⽅の多様性や⼈材不⾜といった企業の課題を、社会⼈アスリートを社員採⽤し、練習と勤務のバランスを考慮したシフトとする取り組みで解消しよう、という画期的な発想⼒と実績が評価されました。アスリートだけでなくクリエイターなども幅広く対象とする柔軟性、⾦沢区の企業から他のエリアへ展開できる将来の可能性も、⾼評価につながったポイントです。

僅差で準優勝となったのは社員一丸となって挑戦した㈱ニットーの「NHK番組「魔改造の夜」参加への取り組み」。プロジェクトの内容はもちろん、ドラマチックなプレゼンで来場者の関⼼を惹き付けていたのが印象的でした。シーサイドライン賞は以前㈱⼤成ERCの「⾦沢区初!コワーキングスペースOPEN」が、審査員特別賞は㈱HIGASHI-GUMIの「請負事業から⾃社主体の⽂化事業へ業種転換」、㈱パインバレーの「コロナ禍での売上と⽣産性向上の取り組み」がそれぞれ選ばれました。

その後PIAフェスタの歴史を動画にした「PIAフェスタの歩み」を上映。

夜にはサプライズとして地域企業の皆様への感謝と発展を祈念した花⽕を打ち上げました。

主催者:(⼀社)横浜⾦沢産業連絡協議会、横浜シーサイドフォーラム

お問い合わせ