YOKOHAMA SEASIDE FORUM

  • 交通アクセス
  • お問い合わせ

沿革・概要

沿革

昭和61年  5月 横浜シーサイドフォーラム設立
事務局を横浜市金沢産業振興センター2階(一社)横浜金沢産業連絡協議会事務所内に置く
1代目代表幹事に林利則〔(株)ジャパンアンダーウォーター〕就任
平成 元年  4月 2代目代表幹事に貝道和昭〔横浜港木材倉庫(株)〕就任
平成  7年  8月 10周年記念で東京ディズニーランド「クラブ33」にて家族会を開催
平成10年  4月 3代目代表幹事に吉岡璋〔(株)ヨコハマ機工〕就任
平成12年  4月 4代目代表幹事に坪倉伸明〔(株)坪倉興業〕就任
平成17年11月 20周年記念でヨコハマグランドインターコンチネンタルホテル3階「ベイビー」にてカジノパーティ-を開催・20周年記念誌発行
平成24年  4月 5代目代表幹事に星正浩〔(株)星〕就任
平成26年10月 翌年の30周年記念に向けホームページ開設
平成27年  7月 ホテルニューグランドにて30周年記念式典を開催
平成29年  4月 6代目代表幹事に池田利志典〔(株)共立紙器製作所〕就任

歴代代表幹事

2代目代表幹事
横浜港木材倉庫(株)

貝道 和昭

横浜シーサイドフォーラムは昭和61年5月に金沢シーサイド地区に進出した次代を坦う若手経営者の会として設立された。初代代表幹事には林 利則氏(ジャパンアンダーウォーター(株)社長)が就任。3年後、体調を崩され、代表幹事を辞任され、年長の私が2代目指名され、平成10年3月まで務めました。この間、いろいろな事業を行いましたが、平成3年に小出CI普及対策本部長が中心になり{地区名称・CIについて}の募集をし、200点以上の応募がありました。審査の結果

「ヨコハマ シーサイド ピア」に決定
*ヨコハマ ――――― 世界に知られ
*シーサイド ―――― 海に面した
*ピア ――――――― ユートピア(理想郷の意)

CIの決定を始め、中国視察(上海)国内では(北海道ほか)等に行きました。
そのほかいろいろな講師を招いて勉強会の開催。シナーラ号でクルージング等家族をまじえての楽しい行事もしました。また、ソフトボール大会に参加して、会員の健康増進、親睦をはかりました。

3代目代表幹事
(株)ヨコハマ機工

吉岡 璋

学生時代の様な友を社会人になって作ることは容易ではありません。
それも企業の経営に関わっている人同志は、なおさらだと思います。
この会はそういう友を作る一助になることも大きな目的です。
その友同志が切磋琢磨し、己の向上に結び付くことを願って会が発足しました。

横浜シーサイドフォーラムとして30年間多くの事業を実績として残してきました。その実行までに幾多の議論を重ねる中で、メンバーの人となりを知り、信頼出来る友を作ることが出来ました。

現在もこの会は継続して事業を実践していますが、私同様メンバー同士が多くの友を作っています。お互いの知恵を出し合い、企業経営に家庭経営に役立て、人生に潤いをもたらすことと思います。

4代目代表幹事
(株)坪倉興業

坪倉 伸明

「ピーターの法則」というのがあるらしい。階層社会の構成員は、各自の自分の能力に応じて、それぞれ無能に達する。というものである。

有能な人はそれぞれ、その地位を上り詰めてしまう。という事は、それ以上昇れないという事で、すなわち、その時点で有能ではなくその社会の中では無能ということになるという法則なのである。そこまで偉くならずに、ちょっと手前でいれば、自分のためや、社会のためになるのだろうが、そうは旨くはいかないんだろう。また、意見の合わない者にむきになったり、周りにイエスマン置いたりするのは、無能レベルへの到達感を感じさせないためのものらしい。そして、冗談や,洒落が多くなるのも「終着駅」の症状だそうだ。

この法則に照らし合わせると、私も有能な時期もあったかもしれないが、無能のまま地位にしがみついていた時間の方が長かったかもじれない。少しでも会員や、産業団地のためになったかどうか、今更だが心配になっている。

これからも、今まで私たち先輩が失敗した事を繰りかえさず、明るく、自由に、みんなで、楽しく、少しは誰かのためになるような事、新しい時代に向けて好き勝手にやってほしいと思っている。腹八分目でおさえながら。

5代目代表幹事
(株)星

星 正浩

平成24年4月から5代目代表幹事として就任いたしました。当時は政権が変わりアベノミクスが打ち出され、東日本大震災被災地の復興と共に日本が大きく動き出したと感じた時期でもありました。

当会は金沢臨海地区の発展と共に歩んで参りましたが、平成27年度で30周年と言う節目の年を迎えます。この機会にと、特にここ2年間は会員拡大にも力を入れ、次の世代を担う30代、40代の多くの経営者の方にもご入会して頂きました。これまでの30年を作ってこられた先輩方の後に続ける様、精進し活動を進めて参りたいと思っております。

会員皆が横浜シーサイドフォーラムと共に成長し、地元に少しでも貢献出来れば素晴らしいと考えております。